Story of GION

憧れの空へ

れに向かって

「児孫のために美田を買わず」聖人西郷隆盛は、後世に残すものとして精神(心)が最も大切なものだと言われました。それは文学、音楽、スポーツなど様々な分野の中で人から人へ受け継がれ、芸術として残り、美しい未来の創造へと繋がります。そして、その精神は「憧れ」へと志向し、私たちの原動力となり、「感動」という巨大な活力を生みます。その感動の連鎖が過去に人々の未来であった現在を形成しているのです。

現在、私たちは様々な社会的問題を抱えて生きています。あらゆる問題の根源は「教育」によるものだと思います。憧れることにより人は夢を抱き、その実現に向けた無限の成長過程に入ります。その過程の中で教育は自発的に行われ、人生を形作る大切な経験をもたらします。

私たちは憧れに向かって飛び続けます。一人でも多くの若者たちの憧れとなれるように。

ゴに秘めた物語

ー  自由に流れる空に憧れ、輝く星を見つめ、泣きぬれつつ夜を明かしたその鳥は、青く美しい自然を心から愛していました。時にそれが嵐となっても、怒りに大地が揺らいでも、火山、雷雨、風雪みなすべてを受け入れ飛び続けました。多くの仲間たちが命を落としました。彼らの魂を受け継ぎ、希望を持って苦しみと悲しみを乗り越え生き抜いたその鳥は進化を遂げていました。そして今、美しく無駄のない翼と風の恩恵を得て、遠い深い森へと飛び立ちました。彩雲のごとく光り輝く尾を引いて美しく舞う姿を見た若鳥たちは「青い火の鳥」の伝説として後世へと語り継ぎました  ー

チームロゴは伝説の「青い火の鳥」の精神を表しています。日本の象徴である青く美しい富士の山の周りを自由自在に飛び回る青き鳥。4色の羽はそれぞれ、燃え盛る情熱の炎(紅)、疾風迅雷(黄)、豊かなる自然(緑)、そして奇跡の星、地球(青)を表しています。苦難と悲哀を本質とし、そこから滲み出た美しく輝く生命の結晶を精神の核として私たちは飛びます。超然とその運命に立ち向かう「青い火の鳥」のように。

ーム名

祗園祭りで有名な北九州市小倉に生まれ育ったチーム代表(パイロット)。航空自衛隊時代の呼び名は「GION (ギオン)」でした。その崇高さと神性さ、親しみしみやすい愛着のある響き、そして地元や母国への強い想いからチーム名としました。

ギオンくん​

年齢:8才

好物:はちみつ

​趣味:フィギュアスケート

​好きな言葉:八転八起

​好きな本:古事記、万葉集